レムナント:フロムジアッシュ[PS4]|遊んだ感想・評価

PS4
死ぬほど死んだ

2019年に海外で発売され、大きな話題になっていた「レムナント」。2020年6月25日に日本語版がPS4で発売された。

動画サイトなどで「レムナント」の存在を知ることができていた私は、ただ漠然と「日本語化しないかな」と緩く期待を寄せていたのだが、2020年になってついに遊ぶことができたのだ。日本語化されたコンシューマ版を、しかも吹き替えで。

クリアには至ってない先日クリアしたので、レムナントについて感じたことを述べていこうと思う。

(難易度ノーマルで25時間ほど遊んだ感想・評価です)

「レムナント」とはざっくりどんなゲームか

ソウルシリーズを遊んでいれば途惑うことなく始められる
色々似てて逆に途惑う

とても乱暴にお伝えすると、「ダークソウル+銃」なサードパーソンシューター。

主人公は銃と近接武器を携え1人で、時にはオンラインで集まった仲間と共に敵を討つ。

システムの多くはソウルシリーズを踏襲しており、同シリーズを遊んでいれば「あーはいはい」となること請け合い。

回復やセーブポイントになる「クリスタル」
当然フィールドの敵は復活する

レムナントは面白いか

繰り返し遊べるのも大きな魅力

最初に、15~20時間遊んだ感想を先に述べてしまうと、

面白い、本当に

連続でゲームを2時間遊べば疲れてしまう私が、週末のほとんどの時間をレムナントに費やした。簡単に好意的に感じた点を以下に示すと、

  • CO-OPによって単純に簡単になるわけではない難易度調整
  • リプレイしやすいチェックポイントの配置
  • いくら負けても何も失わない親切設計
  • 自動生成マップとプレイヤーによって異なるボスの種類と配置

ただ難しいだけでない、この手のゲームが苦手な人にも取り組みやすい要素が多く感じられた。

要素に分けて私見を交えてご紹介する。

CO-OPによって難易度が下がらないバランス

攻撃に集中しすぎてボスの攻撃を避けきれずボコボコにされる図

本作「レムナント」はオンラインで3人までの協力プレイが可能だ。

協力プレイ自体のメリットは多い。お互いがカバーできれば、1人では難しかったものが大幅な難易度の緩和になる場合もあるし、攻略法を心得ている仲間の動きを学びその後の挑戦にも結び付けられる。

ただ、仲間が増えたからといって雑な戦い方は良しとはされない。ザコ湧きするボスならその雑魚の数が増える(気がする)し、そもそもボスの体力は増えている(と思う)。迂闊に倒れれば蘇生をしてくれる・してくれないに関わらず仲間の負担となる。CO-OPに対応したボス体力・雑魚の数が、減ったプレイヤーに容赦なく襲い掛かるのだ。

3人スタートで2人の仲間を失った場合、ザコの波に飲まれながらボスのタゲを一身に受け、味方の蘇生を試みることになる。諦めた方が楽になれる気がしてくる。

最低難易度の「ノーマル」でこれだから上の難易度でやったらどうなるのだろう・・・。

割と見切りやすい「敵の動き」から「身の振り方」が見える

よく見れば動きが読める
避けられるかは別として

難易度に関しては敵の行動の分かりやすさも良い点と言える。

今のところ、敵キャラクターに「理不尽」を感じたことはない。敵キャラの攻撃時の予備動作はやや大袈裟で数回も見れば「次に何をするつもりなのか」大体理解できる動きをしてくる。

別に敵は容赦をしてくるわけでもない。しっかりとこちらに殺意を向けてくる。動きがわかりやすいが数が多い。そこで重要に感じたのが「立ち回り」だ。

背後を取られない、動きを把握する、ザコ処理をすべきかボスに注意を払うべきか、立ち位置は不利ではないか。その都度戦略的な行動が求められる場面が多く、ゆっくりできない。負けてしまった理由が分かりやすいのも理不尽に感じない点の1つと言えるだろう。

同じダンジョンでも敵の配置が微妙に違う
同じ場所に同じエリートが現れるとも限らない

道中のザコ戦に関しても、毎度配置もその構成も変わっているので毎度同じ動きをすればいいわけでもない。だが結構強めのエリートっぽいザコが現れたり、大量のザコが湧く場合は分かりやすく「効果音」が鳴る。ランダム性でもってマンネリを排除しつつも極端な不意打ちや、いやらしすぎる配置や湧きが抑えられているので、「はぁ!?」と苛立つ瞬間が本当に少ないのだ。

リトライのしやすさと負けに対するリスクのなさ

ボス戦前のチェックポイントは霧()の目と鼻の先
万全の状態でボスに挑める

レムナントにもソウルライクよろしく、フィールドの各所に篝火的なチェックポイントが配置されているが、各ボスの直前には必ずこのチェックポイントが置かれている。

ボスにいくら負けても、すぐさま再挑戦できるのはとても親切に思う。マルチプレイ時も何度全滅してもログアウトさえしなければ同じメンバーで挑むことができるので、野良のマルチでも少しずつチームワークが醸成されていくのも良い。

さらに本作は「死亡に対してのペナルティが全くない」のも大きな特徴だろう。ソウルシリーズにおける「ソウルロスト」が存在しないのだ。私のようなプレイスキルの低い人間にはとてもありがたい。いくら負けても失うものがないというのは、精神的にも良さそうだ。しかしこれには賛否が分かれそうではある。

「ロスト」の緊張感がないことや、リスポン地点もボスのすぐ近くなので、その辺の「シビアさ」はかなり薄められている。私はそれらを「良し」としたいので褒めているが、少なからず「ぬるすぎる」と感じる人もいるだろう。ただこの「やさしい仕様」は死亡ペナルティによるモチベーションの低下を防いでくれているように思う。

マルチやって驚いた マップの自動生成とランダムボス(ちょっとネタバレ)

初めて出会うボスは意地でも倒したくなる
大体何かもらえるから!

2つ目のステージに進み、他プレイヤーの協力を得ながら進めていたものの、お金的なものや素材的なものに行き詰まりを感じて「他のプレイヤーの手伝いをしよう」と思い立つ。出稼ぎだ。

最初のステージだった「地球」ならもうクリアしてるし、ヘタクソでも多少役に立てるだろう。そう思って適当なホストの所に参加してみる。

かつて旅した見慣れた景色。ああ、このダンジョンやってるのか。ここのボスはザコ湧かせすぎでしんどかったな。

ホストがチェックポイントにたどり着き、晴れて参加に至る。エモートがめんどくさいので屈伸で挨拶。こういうの結構あるよね。

ダンジョンの奥に進み霧を抜ける。無闇にダウンして迷惑を掛けないようにしないと。なんて思いながらボスの登場ムービーを眺めていると、

そこにいたのは自分の知らない奴だった。

実はこれ、ゲームを始めるたびにマップが自動生成されていて、配置されるボスの種類も異なるようなのだ。事前に情報を仕入れていなかった私はとても驚いた。

1ステージにつき結構な数のボスキャラが用意されているようだ。相当数他プレイヤーの「地球」に潜り込んだが、大ボスを除いては2回連続で同じボスに当たっていない。まだ私の知らないボスがいるのかも知れない。

そして、これらボスたちは武器や防具、武器に取り付けるMODなどの素材を落とすのだ。これが気になってマルチがやめられない(ストーリーが進まない)。キャンペーンそっちのけでアドベンチャー(※)に潜り続けてしまうのは、私だけではないはずだ。

キャンペーン進行とは別に、小さめの自動生成マップを攻略するモード。クリアと生成し直しを繰り返してアイテムや武器を集める。

キャラクター強化はシンプルで分かりやすい

敵の強さはキャラクタのレベルではなく装備品の強化具合による
武器・防具の強化に偏りがあると難易度が上がる

ここまで、ソウルライクソウルライクと重ねて伝えてきたが、キャラクターの強化に関しては、本家とは一線を画したものとなっている。

経験値が一定溜まると「トレイトポイント」なるものが増える。「トレイト」はパッシブスキルにあたるものだ。「トレイト」は体力や持久力のようなベーシックなものから消費アイテムの使用速度や経験値ボーナスなど多岐に渡る。これらを自身のプレイスタイルに当てはめて、自由に強化をすることができる。

武器と防具はお金と素材を利用した強化が可能で、強化が進むにつれて素材のグレードと金額が増えていく。これらを装備する為に能力的な条件は一切必要ないようなので、レベルが上がるまで我慢をしなければならない、ということもない。

ゲーム内容と関係のない所での不具合が深刻

吹き替えまでして丁寧なローカライズをしてるのに、その会話は勝手にスキップされてしまう
この不具合は本当にもったいない

ここまで馬鹿みたいに「レムナント」褒め続けてきたわけだが、

不満は当然ある

感じた不満を述べると、

  • NPCのセリフが勝手にスキップされてしまうことがある
  • PS4PROでは避けられないクラッシュがある
  • マルチが低頻度で不安定になる
  • マルチプレイ中商人NPCとの取引は、同時に複数のプレイヤーはできない(会話も)
  • 周回しない人にはボリュームが少なく感じるかも

他にも細かいところはあるが些末なので割愛するが、一番気になるのはNPCのセリフの勝手なスキップだろう。プレイヤーが話しかけると、ストーリー上重要そうな内容に限って「字幕を読む暇もなく」スキップされる。せっかく声優さんを起用して吹き替えしてるのにこれは本当にもったいない。お陰で全くといっていいほどストーリーが分かってないので、早めに何とかして欲しいものだ(対応される予定)

PS4PROで多発しているクラッシュについては論外と言える。チュートリアル後のクラス選択で起こるそうだが、このチュートリアルが割と長い。私が遭遇したら、とりあえずその日は遊ぶの止めて寝るレベルで萎える。

公式の不具合情報はこちら→現在確認されている現象につきまして(公式サイト)

ゲームが面白いだけに、これらゲーム内容と関係ないレベルでの不具合はとても残念だ。吹き替えスキップが解消されるまで、2人目のキャラは作らないだろう。今後配信されるであろうDLCにも不安が残る。

難易度は高いが、割とオススメできるソフト

レベル上げと適度な装備品強化とパーク管理
それらとほどほどの根気があれば問題なくクリアできる

高難易度アクションと謳われるだけあって、適当に遊んでクリアできるほどの作品ではない。普段ゲームを遊ばない人にこれをオススメするのはあまりに酷だろう。

一方で、アクションゲームやCO-OPシューターが好きな場合は1度手にとってみる事をオススメする。

ここまで取りとめも無く述べてきたがいかがだろうか。パッケージ版は品薄ともいわれているので、もしこれから購入する場合は「PSストア」での購入を検討してみよう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました